台湾行ったらこれ食べよ!滷味(ルーウェイ)ってどんな料理??滷味初心者さんはビブグルマン「梁記滷味」の滷味が食べやすいかも!

最終更新日

大家好!みなさま、こんにちは。美月です。

今回は台湾に行ったら是非食べていただきたいローカルグルメの紹介をさせていただきます。

街や夜市で見かける滷味(ルーウェイ)。ローカルに愛される台湾を代表するグルメの一つです。滷味とは台湾式煮込み料理です。日本でいうところのおでんのようなものでしょうか。初めて食べる方は注文方法に迷ってしまうかもしれません。今回は注文方法などを含めて滷味について紹介させていただきます。

難しそうだけど大丈夫です。注文方法を知れば怖くない!滷味に挑戦してみましょう!

滷味(ルーウェイ)とは何ぞや?

冒頭でも簡単に説明させていただきましたが、滷味とは台湾式煮込み料理です。八角や肉桂などの漢方を効かせた濃いめの醤油スープで具材を煮込んだものです。お店によってそれぞれ味が異なります。店によって汁なしの冷たいものか汁ありの温かいものか異なります。

煮込みに使用される具材は鶏や豚の各パーツ(臓物や足、耳など)、猪血、豆皮、ブロッコリーやベビーコーンなどの野菜、キノコ類など様々です。臓物系や猪血などはちょっと日本人には抵抗があるかもしれませんが、ローカルの方にとっては愛してやまない具材なのです。美月も大好きな具材なのでいつも美味しくいただいております。

滷味の注文方法

上記の写真のようにザルとトングが設置してありますので、それらを手に取り、好きな具材を選んでザルに入れます。入れ終わったらお店の人にザルを渡しましょう。

入れる量については一人で食べるなら少なめに取ることをおすすめ致します。滷味店あるあるなのですが、なぜかザルに入れた以上にお店の人が量を増やして渡してくださるのです。

こちらの写真ではちょっと分かりずらいかもしれませんが、上記のザルに入れた具材が、このような量に変化します。もちろんこんなにたくさん入れた覚えはありません。

カットできる具材はこちらのまな板でカットして食べやすい大きさにしてくれます。今回紹介しているのは汁なしタイプの冷たい滷味です。汁ありの温かいタイプの滷味はザルに入れた具材を渡すとその場で煮込んでくれます。

では、滷味の注文方法について簡単におさらいします。

滷味を注文する際の大体の流れは以下の通りです。

  1. ザルとトングを取ります
  2. 好きな具材を選びます
  3. お店の人に選んだものを渡します
  4. お会計
  5. (番号札を渡されるケースがあります!その際は番号札を受け取り、呼ばれるまで待ちます。)
  6. 受け取り

注文の際の注意点

①選ぶ具材の数に注意しましょう。先述の通りです。受け取る際には具材がもりもりになっているケースが多いです。

②値段に注意しましょう。料金表がないお店って案外多いのです。不安な時はお店の方に値段を確認しましょう。「多少銭?(ドゥ シャオ チェン)」でいくらですかと尋ねることができます。

③辛さの加減に注意しましょう。辛さについてお店の人に確認されるかと思います。「要辣嗎?(ヤオ ラー マ)」または「要不要辣?(ヤオ ブーヤオ ラー)」と聞かれるパターンがほとんどです。辛さについては以下のように答えましょう。

中国語での辛さの表現は以下の通りです。

  • 辛くしたくないとき→「不要辣(ブーヤオ ラー)」
  • ほんの少し辛くしたいとき→「微辣(ウェイ ラー)」
  • 少し辛くしたいとき→「小辣(シャオ ラー)」
  • 普通に辛くしたいとき→「要辣(ヤオ ラー)」
  • めっちゃ辛くしたいとき→「大辣(ダー ラー)」

上記で紹介している滷味店は2018年、2019年に台北ミシュラン「ビブグルマン」に選ばれている有名店。「梁記滷味」

いつも行列ができている人気店の「梁記滷味」。主に臓物系をたくさん扱っておられます。

そんなに漢方のパンチが効いていないので滷味初心者の方にも食べやすいです。初心者の方には上記のような鶏の足などはきついかもしれませんが、お馴染みの手羽先などの食べやすい部位もありますので是非挑戦してみてください!

梁記滷味へのアクセス

「臨江街観光夜市(通化街夜市)」の一角にあります。MRT信義線「信義安和」駅3番出口または4番出口を出て徒歩約10分以内でアクセスできます。

住所:No. 33號, Alley 50, Lane 39, Tonghua Street, Da’an District, Taipei City, 台湾 106

電話番号:+886 2 2738 5052

営業時間:PM 5:50 ~ AM 1:30

定休日:火曜日

カード使用不可

ランキング参加中です!ポチっと押していただければ励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

Follow me!

シェアする