忙しいとみんなイライラしてる?そんな時こそクッション言葉で人間関係を円滑に!

最終更新日

大家好!こんにちは。今年の4月で看護師4年目を迎える美月です。

今回は忙しい病棟での人間関係を円滑にする方法を紹介させていただきます。忙しいとみんなピリピリしていて何だかやりずらいですよね。そんな時に使えるのがクッション言葉です。皆様、忙しいからこそ意外とクッション言葉を忘れがちなんです。クッション言葉を使うことで相手への思いやりや配慮を示すことができるので、人間関係を円滑にしてくれます。

人間関係を円滑にしてくれるクッション言葉をマスターしましょ!

クッション言葉とは?

クッション言葉とは主に相手に何かをお願いするときや、断るとき、異論を唱えるときに効果を発揮します。例えば、誰かに何かお願いしたいことがあるとしましょう。クッション言葉を用いることで、相手に迷惑や負担をかけてしまう心苦しさを伝えることができます。いきなりお願い事を言葉にすると強気に聞こえがちですが、クッション言葉を付け加えることで言葉の衝撃を和らげる効果があります。

クッション言葉の具体例

失礼ですが

申し訳ありませんが

お忙しいところ申し訳ありませんが

ご都合がよろしければ

お手数おかけしますが

これらの言葉を自分が伝えたい言葉の前に付け加えます。相手に言いたいことを伝える際に、これらの言葉を用いるだけで内容が優しい印象になります。

具体的な使い方

では、具体的なクッション言葉の使い方を見ていきましょう。

クッション言葉の使い方

「〇〇について確認したいのですが」

「お忙しいところ申し訳ございませんが、〇〇について確認したいのですが」

いかがでしょうか。クッション言葉を使うのと使わないのとでは、随分と言葉の印象が変わってきますね。クッション言葉を用いると、相手に対しての思いやりや配慮が伝わり、丁寧な印象を与えることがわかります。

美月が実際にクッション言葉を使用し、苦手な医師とのコミュニケーションが上手くいった話

美月にとって病院は敵だらけです(笑)いえ、苦手だと感じるタイプの人が多いです(笑)

美月の勤務する病院には大切な要件があって連絡したにもかかわらず、途中で電話をブチっと切ってしまわれることで有名な医師がいました。ある時、1年目の美月に上記の医師と連絡を取らなければならない場面が訪れました。「めっちゃ嫌やなぁ。そやけどしゃあないな~」と思いながら連絡しました。その際に美月はいかに丁寧に連絡するかを考えました。丁寧に接することで、相手の気分を害さずに済むのではないかと考えました。また、相手の立場に立って想像してみました。「検査が立て込んではいないだろうか?」「外来での患者対応がまだ終わっていないのかもしれない」「もしかしたら、他病棟の患者のICをしている最中かもしれない」と考えました。もしもそのような状況であれば、忙しいのでイライラしたりするのも無理はないなと思ったのです。そのような思いを巡らせながら「お忙しいところ申し訳ございません。〇〇さんの件なんですけど、急ぎの報告があります。」と話を切り出しました。すると、すぐに電話を切ることで有名なその医師は美月がかけた電話を切らずに最後まで要件を聞いてくれたのです。きっと美月が用いたクッション言葉に込めた相手への申し訳ないと思う気持ちが通じたのではないでしょうか。また、最後まで話を聞いてもらえたもう一つの要因として、最初に急ぎの報告であるということを伝えた点が挙げられるのではないでしょうか。以降もその医師にクッション言葉を用いてコミュニケーションを取ることで、美月がかけた電話を切られることはほぼありませんでした。

電話プッツンぶっきらぼう医師とのこぼれ話

ある時、電話をすぐに切ってしまうことで有名なその医師が、夜勤明けの美月に対し「早よ帰りや。気ぃつけてな」と話しかけてきました。突然の彼の態度にびっくりした美月でしたが、きっとそのような言葉をかけてもらえたのは日々用いてきたクッション言葉のおかげなのかなとぼんやり考えながら、寝ぼけ眼で家へと足を進めました。恐るべし、クッション言葉です。

いかがですか。このようにクッション言葉は人間関係を円滑にしてくれる効果があるのです。是非皆さまも活用してみてください。もちろん、他職種などに対してだけではなく、患者様に対しても使えますよ。では、再見!

ランキング参加中です!ポチっと押していただければ励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

Follow me!

シェアする