病棟での人間関係が辛くて辞めたくなったら転職もいいけど…(美月的人間関係改善方法!?)

最終更新日

大家好!皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

看護師の皆様、心と体は元気でしょうか。看護の世界ってとても独特ですからね(笑)人間関係に疲れている方(特に周りにたくさん気を遣っている新人看護師さんたち!)、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

以前私が所属していた部署の副師長は看護師が退職する理由No1が人間関係であると話していました。実際に回りのスタッフから辞めたいという話を聞いた際に理由を尋ねると人間関係に疲れたという回答が最も多いです。

そこで、今回は様々な事情で病院を辞めたくてもやめられない看護師の皆様や転職まではちょっとなぁという方に向けてのアドバイスです。

美月的職場の人間関係を改善する方法(少しでも働きやすい環境を作る方法)

病院側の本心

この業界は万年人手不足であると言われています。(詳しいデータなどは検索してみてください)そのため、病院側としては少しでも人材は確保しておきたいです。スタッフが離職の申し出をした際、病院側は離職を避けるため、病院側の努力で食い止められるような離職であれば、最大限の努力に努めることでしょう。また、病院側としては特に新人看護師の離職は避けたいと考えています。皆様もご存じの通り、新人看護師が3年以内に離職してしまうということは病院側にとってはあまりよろしくないことなのです。病院側は新人看護師3年目までの離職率(大抵が新人看護師3年目までで集計される)を集計し、就職説明会などでそのデータを提示します。離職率がゼロであれば、その事実が病院の強みの一つであるということになります。もちろん、誰も離職率の高い病院なんて行きたくありませんよね。ですから、離職率というものは採用においてとても重要視されます。実際に、離職率ゼロの病院ってすごく努力されています。私が勤めている病院もほんの1年くらい前までは離職率ゼロでした。

以下で私がこれまで見てきた(経験してきた)離職率0の裏側をお話しします。そこに人間関係を改善するヒントが隠されています。

まずは人間関係に悩んだら師長に相談しましょう!

見出しに「まずは人間関係に悩んだら師長に相談しましょう!」と記載しましたが、相談しにくい師長であれば話は別です(笑)例えば、嫌なことを言ってくる・やってくる先輩がいたとしましょう。その場合、具体的に先輩などからどのようなことをされているのか、それにより今自分がどういう気持ちになっているのかをしっかりと伝えることが大切です。特に重要なのは、悩ましい人間関係の影響により、今自分が離職したいと考える程に追い詰められているということを伝えることです。師長はその相談を受け、悩みの種である人間関係を改善すれば離職を食い止められると考えるはずです。

美月が退職したいと考えたときに実際にとった行動と結果+α美月の同期の体験談

実際に私が看護師1年目の頃に怖い先輩に夜勤の間中罵倒されまくり、病棟で大泣きしながら「もう月曜日からこーへんもん!」とプリセプターに泣きついたことがあります(笑)見るに見かねたプリセプターと師長が相談し、しばらくはその恐ろしい(笑)先輩とは一緒に夜勤に入らないようシフトを考慮してくれました。また私の同期の看護師も先輩との人間関係に悩ませれており、私のアドバイスのもと、涙ながらに師長に相談しました。日々先輩から浴びせられる罵声に私の同期の看護師は心が病んでいました。「もう無理です。病院に足が向きません。」と出勤が困難な状況であることを伝えました。すると、その先輩は新しい年になると病院の付属の施設への異動が決まりました。実際にその先輩は評判が悪い方で、様々なスタッフからクレームがあったということも手伝っての結果だったとは思いますが。その他にも様々な私の周りの看護師や私自身の経験談などありますが、長くなりますのでこの辺にしておきます。このようにスタッフを一人でも辞めさせないよう、人員配置の考慮やシフトの変更などにより、それぞれの人間関係の悩みに配慮してくれるケースが多いです。

今回の記事を通して美月が皆様に一番伝えたいこと

POINT

今回、私が伝えたいことは、辛いことは我慢せずに吐き出しましょう!!ということです。声にしないとわからないこともあるのです。あなたの苦しみを声にすることで、手を差し伸べてくれる人がきっといるはずです。もしも手を差し伸べてくれる人が誰一人としていないというのならば、そんな最低な職場は辞めちゃいましょう!さっさと転職した方があなたの心と体の健康には良いでしょう。

ランキング参加中です!ポチっと押していただけければ励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

Follow me!

シェアする