要去高雄!高雄行ったらこれ食べよ!老店「興隆居」のスープが溢れ出す湯包

最終更新日

大家好!皆さま、こんにちは。4年目看護師の美月です。今回は台湾の高雄にある湯包で有名な「興隆居」の紹介をさせていただきます。

高雄行ったらこれ食べよ!老店「興隆居」の湯包

高雄で朝ごはんといえば興隆居!

たっぷりの肉汁が詰まった湯包で有名な「興隆居」。1954年創業の老舗です。朝から大行列ですね。この時は朝9時頃来店しました。ちょうど込み合う時間帯だったみたいです。人気店ゆえに時間帯により、行列に並ぶことは必至のようでした。

朝4時からオープンしているので並ぶのが苦手な方や、時間がないという方は早めに来店されると良いかもしれません。というものの、この時美月が並んだのはたったの15分程度でした。回転率はいいようです。

注文方法

このように「湯包」と「焼餅」の2列に分かれております。左側の「湯包」の列は湯包のみの購入の方が並ぶようです。右側の「焼餅」の列は湯包以外にも、おかずやパンなどを購入する方が並びます。自分の番が来たら湯包の係りの方に個数と店内かテイクアウトなのかを伝えます。そして、右側に並んだ方は湯包以外の商品も手に取ってお会計へと進んでください。

では、ここで注文の際によく使う中国語の紹介をさせていただきます。

店内なのかテイクアウトなのか

台湾の朝ごはん屋さんなどでは、店内で食べるのかテイクアウトするのかをよく聞かれます。覚えておくと便利ですよ。

・店内→内用(ネイヨン)

・テイクアウト→外帯(ワイタイ)

マストイートは湯包!でも湯包以外のメニューも美味しそうなんです。

蒸したてでホカホカの湯包。これはマストイートですね。1個20元でお値段もgood!

焼きたての蛋餅も美味しそうだったので購入しちゃいました。

内用における注意点

せっかくですから店内で熱々をいただきたいと考える方が多いと思います。そのような方々に、店内で食べる際の注意点が一つあります。

こちらは人気店なので知らない方と相席になります。台湾ではよくあることです。この時は美月の同期と一緒に旅をしていたのですが、同期はまだホテルで夢の中でしたので一人で食事。知らないおじさんと向かい合いながら朝ごはんしました。

大人気の湯包はジューシーでシャキシャキだった

中のスープがこぼれないように食べるのが大変でした!このようにかじってから再度皿に湯包を置くのは危険だと言えるでしょう。大事なスープがこぼれてしまいます。肉以外にもキャベツなどの野菜がたっぷり入っており、シャキシャキとした触感がありました。スープは単なる肉汁だけではなく、野菜のうまみも加わっていたので、最後まで脂っこさを感じずに美味しく頂けました。

もちろん、蛋餅も好吃なんです。

興隆居へのアクセス

高雄MRT「市議會駅」1番出口から徒歩約3分程度です。高雄に行ったら是非立ち寄ってみてくださいね!

住所:No. 186, Liuhe 2nd Road, Qianjin District, Kaohsiung City, 台湾 801

電話番号:+886 7 261 6787

営業時間:AM 4:00 ~ AM 11:00

定休日:月曜日

ランキング参加中です!ポチっと押していただければ励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

Follow me!

シェアする